Horseshoe Roundup

NFLチームのインディアナポリス コルツを応援するブログです。

WEEK12 TB戦結果

序盤のリードを守り切れず4Qに逆転を許す。
今シーズンこんな試合多くないか?
TB 38-31 IND

■完全なる自滅
2INT、3ファンブルロスト。
最後のプレーとなったヘイルメリーのINTを除く4回のターンオーバーがすべて失点に結びついてしまった。(3TD、1FG)
こんなことをやっていては勝てるはずもない。

①Zach Pascalファンブル
1Q 2:34 自陣37yds 2nd&10(TB 0-3 IND)
WentzからPascalへのパスがヒットするもM.Edwardsのタックルでファンブル
このファンブルだけではなく、Pascalがターゲットとなったときのキャッチレートはほぼ50%とのことで、そもそもこの男の
ハンドが信頼できないものになりつつあるのが怖い。
②Wentzのファンブル
3Q 10:58 敵陣20yds 1st&10(TB 14-24 IND)
FisherがS.Barrettを抑えられずサックを喰らったWentzがファンブルロスト。
スピードラッシュに弱いのは本当にどうにかならないものか。
③3Q 5:22 敵陣]46yds 2nd$3(TB 21-24 IND)
MPJを狙ったディープへのパスがWinfieldにもぎ取られINT。

残りの2つはHinesのパントマフと上述した通りのヘイルメリーINTである。
Hinesは前もパントでやらかしているのでリターナーを替えるなどしてほしいところだが本項では敢えて触れないこととしておく。
なぜこの3プレーを取り上げたか。
主張したいことは「ランによるスコア期待値>パスにおけるターンオーバーリスク」ということである。

たしかに、ランディフェンスリーグ1位を相手に8回25ydsとJTは完全に抑え込まれた。
逆にWentzは16/24  197yds  3TDと絶好調。
パスで行く、となるのは分かる。
分かるが27プレー連続でパスは無い。(RPOでパスを選択したプレーも含む)

理由1スコア期待値 
オフェンススナップにおけるTDの回数
・ラン 335回17TD(19.7回/TD)
・パス 403回21TD(19.2回/TD)

理由2 ターンオーバーリスク
オフェンススナップにおけるターンオーバーの回数
・ラン 335回中2回(1TO@167.5回)

※Wentzのエクスチェンジミスもカウント
・パス 403回中10回(1TO/40.3回)

※INT6回+QBサックによるファンブル3回+WRのファンブル1回

理由3 タレントレベル
上記の成績につながっているのは特にOLのタレントレベルが影響していると考える。
ESPNによると現時点でのコルツOLのブロッキングにおけるWIN-RATEランキング
ランブロック6位、パスブロック17位となっており、パスプロでのお漏らし目立つFisher然り、ラン適正の高いタレントが揃っていると言えるのではないか。

結論
こじ付けのような数字を並べたが、要はもっとJTに持たせいということである。
パスプロに難があるOLのもとで、ランパスでスコア期待値が変わらないのであればリスクの少ないランを活用するべき。
フランチャイズ歴代最高に近づいているRBがいるのだから。
2Q 6:37から4Q 10:06までJTのキャリーはゼロ。パスのターゲットとなったのが1回。
リーグのラッシングリーダーを擁するチームのプレー選択とは思えない。
コルツオフェンスのフィロソフィーはRTDBであることを強く主張して結びとしたい。
ディフェンスはがんばれ。

■NEXT
HOUとのラウンド2。
カバー2の真ん中をぶち破るポストパターンがお決まりの攻略方法ではあるが、今シーズンはカバー3が増えているとの情報。
ここはランでの喪失ヤード31位であることには注目しておきたい。
またラウンド1では欠場したTyrod Taylorが好調なようなので全く楽観視はできない。
プレーオフ進出のため負けられない戦いは続く。

WEEK11 BUF戦結果

昨シーズンのプレーオフで惜敗した相手にリベンジ。

IND 41-15 BUF

■Gameball

Jonathan Taylor  32回 185yds 4TD、3キャッチ19yds 1TD

はいMVP。

 

■Run The Damn Ball

雨風激しい天候の中、屋外スタジアムでのゲームだったこともありコルツはランオリエンテッドと言っても差し支えないようなプレー選択。

コルツとの対戦前は平均ラン喪失3.8ヤードだったBUFを相手にJTが平均5.8ヤード、Hinesは7.8ヤードと大暴れ。

リーグNo1ディフェンスを完全に制圧した。

個人的にはパーソネルの変化が影響を与えているように感じているところ。

シーズンを通して11or12(1RB&1or2TE)パーソネルがベースのコルツだが、2RBを起用することが多くなってきた。

BUF戦ではJTをフェイクに使ったHinesのカウンターが効果的にコールされ、上記のHinesのスタッツにつながっている。

実際JTとHinesがフィールドにいるのはかなり嫌だろう。

コルツではランの裏プレーもまたランである。

また、ここ3試合は13パーソネルの構成が増えており、Week11に限っていえばCLEに次ぐ多さとのこと。

TEはブロッカーです。

ランヘビーを志向するチームが辿る道なのだろう。

ここ数試合はやや精彩を欠くWentzの調子が気になるところではあるが、JTとHinesさえ健在であればオフェンスは機能し続けるだろう。

 

■Get The Ball

Week11時点でのターンオーバーレシオトップはBUF。(コルツは2位)

そんな相手から4回のボール奪取。

透明人間にタックルされた相手リターナーファンブルをTJCarrieがリカバーしたプレーは置いておくとして、3つはディスガイズでJosh Allen(内1つはTrubisky)のプレーリードを混乱させた結果のINTだと言われている。

本当か?

雨でタッチが狂っただけのようにも思うが、ややターゲットガン見癖があるAllenの動きを見ていると、プレスナップで決めていたターゲットがカバーされてしまったため動きながら別のレシーバーを探した結果際どいところに投げてしまったようには見える。

これが奏功したならば、次の相手にも有効な戦い方になるはずである。

 

■NEXT

ルーカスオイルにTom Bradyの呪いは残っているか。

コルツが最後にTB12と対戦したのは18年のRS。

そこから3年の歳月が流れ、コルツのQBとBradyは所属チームが変わって相対することになる。

兄者、Luck時代から常に壁として立ちはだかるこの男。

プレーオフ進出のためにも、次の時代に進むためにもここで倒しておかなければならない。

WEEK9 NYJ戦、WEEK10 JAX戦結果

1週跨いでしまったのでまとめて。

WEEK9   NYJ 30 – 45 IND W

WEEK10 JAX 17 – 23 IND W

■Gameball:Jonathan Taylor
NYJ戦 19回172yds(9.1yds) 2TD
JAX戦 21回116yds(5.5yds) 1TD
文句なし。WEEK10のGround Player of the Weekにも選出。
2戦連続で100ydsを突破し、キャリア計8試合の100ヤード越えはコルツ史上5位とのこと。
なおこの8試合は全てコルツが勝利しているとのことで、今後もJTのランがチームのベースとなるだろう。
特筆すべきはその爆発力で、20ヤード以上のラッシング回数(9回)と40ヤード以上のラッシング回数(2回)はともにリーグNo1。
とにかく一発で止まるシーンが少なく、タックルをブレークして前へ進んでいく姿は見ていて本当に頼もしい限り。
毎試合20回は持たせてほしいが、過剰に酷使とならないようHinesはもとよりMackとJacksonの使い方も明確にしてほしいところ。
どうも意図が見えてこない点は気にはなる。

とにかくできるだけ長いキャリアが送れるような起用方法を望む。

これだけ走れば相手の警戒も当然高まるはずでパスプレーにも良い影響をもたらしているはず。
PFFによるとコルツのプレイアクション回数はリーグで3番目に多いとのこと。
Wentzのスタッツをも左右する存在になりそうである。

■Carson Wentz
NYJ戦 22/30(73%) 272yds(9.1yds) 3TD Rate134.3
JAX戦 22/34(65%) 180yds(5.3yds) Rate78.1
Week8 TEN戦ではディープ狙いが裏目に出たことを受けてか、狙いどころが明らかに変わってきた。
以下はNGSのパスチャート。

Week8 TEN戦

f:id:genki22:20211119205328j:plain

Week9 NJY戦

f:id:genki22:20211119205407j:plain

WEEK10 JAX戦

f:id:genki22:20211119205453j:plain

展開に由る影響も多分にはあるだろうが、とはいえ20yds超のパスがかなり減った印象。
Wentz的には奥にガンガン投げたいのだろうが個人的にはこれで良し。
無駄打ちせず決めるべきときに決めてくれれば十分。
この調子を維持してもらいたいところ。
しかし無謀なトス・左手投げはどうにかならないものか。

■パスラッシュは改善の兆し?
引き続き物足りなさを感じるパスラッシュではあるが、DEによるサックが増えてきたことは明るい材料。
JAX戦ではPayeとDayoのドラフト1-2巡コンビがそれぞれキャリア初サックを記録。
特にPayeはこれまであとコンマ何秒でサック、というシーンが度々あったため喜びもひとしお。
この試合でのプレッシャー機会7回はBucknerの8回に次ぐチーム2位の成績とのことで3回のQBヒットも記録。
徐々に存在感を強めてきている。
またDayoのファンブルフォースは勝利を決定付ける非常に重要なプレーを見せており、ルーキーの活躍は今後も楽しみ。
BUF、TBと強力なOLを擁するチームとの対戦で実力を発揮してもらいたいところ。

■エリートスペシャルチーム
JAX戦でのチーム初TDはZaire FranklinによるパントブロックをE.J. Speedがエンドゾーンに持ち込んだもの。
2018年にBubba VentroneがSTCに就任して以来、ポストシーズンを含めて
・パントリターンTD2回
・パントブロックパントによるTD3回
・セーフティ1回
と、6回の相手パントプレー機会で得点を記録している。これはリーグ最多。
コルツのスペシャルチームにはガナーとしてプロボウルにも選出されたOdumを始め良い選手が多い。
攻守でのプレー機会は少なくともやるべき仕事をしっかりこなせる選手がいるチームは強い。
Ventroneもおそらく有能なコーチなのだと思うので、チームの強みのユニットとして継続していってほしい。
なおE.J. SpeedはWeek10のAFCスペシャルチーム部門でPOWに選出。おめ。

■NEXT
昨シーズンプレーオフのリベンジマッチ。
パスDはリーグ1位、ランDはリーグ3位と相当に固い。
JTのランがどれほど通用するか見もの。
Josh AllenはMVPとも言えるようなシーズンを送っているが、直近では格下と思われるTEN、JAXに取りこぼしている。
しかしいずれも激しい守備でエラーを生み出したような試合展開なのでコルツに同じことができるのかはやや疑問。
やっぱりこの試合も撃ち合いか。

WEEK8 TEN戦結果

TEN 34 – 31 IND
最高の立ち上がりからの最低な結末。

投げれば何かが起こるとは確かに言ったが、そういうことじゃない。

 

■アンバランスなオフェンス

ラン 20回83yds(Av 4.2yds)

パス 27/51回224yds(Av 4.3yds)

4Q終盤にキャッチアップオフェンスがあったにしろ、それにしてもランが少なすぎだろう。

これまでの7試合でのパス比率は54%でランパスがほぼバランスされた状態だったが、この試合に関しては70%越えと投げまくっている。

ちなみにTENとのラウンド1もパス比率67%となっているのでスカウティングした上でのプランなのだろう。

しかし前回はそれで敗れているわけであり、プランは見直すべきだと思うのだがどうなのでしょう。

なお、もともとランのコールをWentzがパスに変えたプレーがいくつかあったことをReichが明かしている。

守備体形を読んでの行為なのか、はたまた自らの腕で局面を打開しヒーローになるためだったのか・・・

 

■今シーズン最悪のWentz、最高のOL

上記したが改めて。

Carson Wentz 27/51回224yds(Av 4.3yds) 3TD 2INT PasserRating68.3

最初の2ポゼッションで2TD演出はお見事。だがそこまで。

全体的に精度を欠きWRの頭上を通過するボールが目についたほか、投げるまでの判断が遅いの点がかなり気になる。

実際、この試合でのTT(Time to Throw)はWeek8のQB全体で3番目に遅い2.98秒。

もともと投げるのが早い選手ではないが、HOU戦・SF戦でディープを通してきたことでロングパスで攻めることに味を占めたか。

奥を狙うこと自体に異議はないのだが、コルツのパスアタック自体がフィールドの手前と奥でチョイスするハイ&ローコンセプトであるため、奥がカバーされているなら無理せず手前で空いているターゲットに投げてほしい。

実際、OTでByardにINTされたプレーではJTのチェックダウンがガラ空き。

1st&10であったし、全く無理をする必要がないシチュエーションであった。

 

Wentz自身の判断力は改善を期待するとして、こうなった一因と考えられなくもないのが今シーズン初めてベストメンバーが揃ったOL陣。

パスプロはかなり改善された。

50回を超えるパス試投で1サックはこれまでの出来を考えれば十分及第点だろう。

あのサックはDEのクロスが上手かった。

いまだFisherに不安定さが残りはするがRGにReedを置いた新生OLユニットの連携は実に楽しみ。

この先も手強いDLとの対戦は続くのでリーグトップクラスの5人に成長していってもらいたい。

 

1つWentzに言い忘れ。

プレッシャーがかかったときのトス・左手投げは次やったら罰金30Mな。

 

■ペナルティの功罪

両チーム合わせて20個(内、コルツは9個)のペナルティが発生。

コルツ側からするとホールディングでJTが30ヤード弱のゲインを無駄にされたこと、TurayのラフィングザパサーとオフサイドでTENオフェンスの継続を許したことが痛かった。

Turayは昨シーズンのPOでも大事な場面でオフサイドかましており、集中力が足らない印象を持っている。

実現はしなかったがトレードの噂もあり、Dayoの復帰と相まって今後の扱いは微妙になっていくだろう。

2巡を使っているのですがね。

一方、TENが犯した11個のうちDPIとパスに絡んだホールディングが4個。計100ydsの罰退。

これを狙ってのロングパスでもあるがやりすぎは禁物。

まあ、お互い様ではあるが反則が連発するのはチームの規律・統制がなされていない結果であり、ゲームをつまらなくする原因にもなるので両HCには締め直していただきたく。

 

■ディフェンス

Henryは止まった。

AJは止められなかった。

 

■マストウィンゲームは続く

敗戦により地区優勝の目は限りなくゼロに近くなった。

ワイルドカードでのプレーオフ出場を目指すことになるだろう。

現時点での暫定出場チーム

Tennessee Titans (6-2)
Las Vegas Raiders (5-2)
Baltimore Ravens (5-2)
Buffalo Bills (5-2)

ーーーーWild Cardーーーー
Cincinnati Bengals(5-3)
Pittsburgh Steelers(4-3)

Los Angeles Chargers(4-3)

ーーーーWCの壁ーーーー

New England Patriots、Cleveland Browns、Denver Broncos (4-4)
Kansas City Chiefs (3-4)
Indianapolis Colts (3-5)

厳しい状況に変わりはない。

とにかく勝ちを重ねるのみ。

 

■NEXT

突如現れたMike Whiteに全米が注目する一戦。

ワンゲームワンダーで終わらせるのか、乗せてしまうのか。

Zach Wilsonの胸中やいかに。

WEEK7 SF戦結果

結果 IND 30 - 18 SF
コルツ最初のプレーでのファンブルロストに始まり両チーム合わせ て6回のターンオーバーが発生。
内4回をものにしたコルツが2Q以降は逆転を許さず勝利。
豪雨によりジミーGのパスアタックを軽減できた幸運もあり。


■Gameball
Frank Reich
ここ数試合、コールが冴え渡っている。
顕著なのが積極的にパスを使っていることで、特にロングパスの頻度・成功が増えたのは良い傾向。
BAL戦で3rd&8からランをゴールしダウン更新にならなかったことを教訓にしているようで、この姿勢がMPJのキャリアベストを引き出したと考えられる。
また、この試合ではSFディフェンスのパスインターフェアが5回取られており投げれば何か起こる状態であった。
レフェリーとの相性もあるのだろうがこれも強気の姿勢の副産物であり、ボールを進めるひとつの手段として今後も狙っていきたい。


ランが攻撃のベースであることは変わらないが、固執するあまりにG前で3回連続でランをコールしたWeek1からは的を絞らせないオフェンスに進化しているはず。
あとは時間の使い方をもう少し頑張っていただければ。


■オフェンスの爆発は続く
Reichのコールが良い=結果としてWentzの遂行力が優れている、とは言えるが不用意な失投によるInt未遂があったのでGameballはお預け。
150ydsと獲得ヤードは今シーズン最少だったが、そもそも投げるには最悪のコンディションの中で成功率65%超えと安定したプレーを見せた。
受け手のMPJは4回105ydsとキャリアハイの成績。
フィールドを横切り続けた昨シーズンの姿はなく、TDをもぎ取った4Qの28ydsレシーブはARIのDeAndre Hopkinsさながらであった。
この調子が維持できればシーズン1000ydsは超える。
とうとうTYの後継となるWR1が見つかったか。


■Leonard、テイクアウェイマシーン
現在チームはリーグ最多の16個のテイクアウェイを記録。
その内、8個に絡んでいるのがDarius Leonard。
この試合でも得意のパンチングでFFを演出。
ちょっとこのペースは異常である。
仮にこのままいくと126tkl 7FF 5Int 7FRとなるそう。DPOYですね、分かります。
これだけやってくれれば年20Mも納得というもの。


またようやくお目覚めしたのがXavier Rhodes。
SFの反撃を断ち切るIntを披露。
試合の中ではスピードで負けるシーンが目立ち安定感には欠けるが、まだまだ競り合いには強いことを証明。
こういう選手はNBやSにコンバートすると輝くことがあるのだがどうだろう。


■NEXT
TENとのラウンド2。
前回の対戦はWentzが足首の負傷で動けないハンデを与えてきっちり負け。
Wentzは好調な上、ようやくBraden Smithが復帰するとのことでベストの布陣が整いそう。
ここで敗れればプレーオフレースからの脱落がほぼ確実な情勢。
勝て勝て勝て勝てホームやぞ。

WEEK6 HOU戦結果

 

結果 HOU 3-31 IND
攻守が噛み合い同地区ライバルに勝利。
相手QBのMillsはルーキーながら落ち着いてコルツの弱点で あるミドル〜ディープを攻略。
一時は危うかった流れをディフェンスのターンオーバーで断ち切っ た。


■Gameball
Darius Leonard  7タックル(solo6)1PD 1INT 1FF 
クラッチな活躍で3点に抑えた守備陣を牽引。
MIA戦あたりから動きのキレが明らかに良くなっており、 ソロタックルが目立ってきた。


そしてなんと言ってもこのパンチングである。
2000年前半にCHIでカレッジスカウト部門に所属していた折 にあのCharles "Peanut" Tillmanを発掘した Ballardはこの特殊な能力を見 抜いていたのだろうか?
Leonard指名時に注目されたのが34インチのその腕の長さ であるが、身体的なアドバンテージもさることながら、対戦相手の ボールの持ち方、利き腕、 ファンブル歴などのフィルム分析の賜物が成果となって現れている ようだ。
デビューから44試合で11FFは2000年代のLBの中では最 多なのだとか。
活躍する場面も絶妙でここぞというときにボールの方から近づいて きてLeonardに奪われているようにすら感じる。
気が早いがこの状態が維持できればDPOYも狙えるだろう。
引き続き頼みます。


■パス守備受難は続く
スコアに対して不満と不安が残ったのがパス守備。
これはラッシュとカバー総じて、ということである。
負傷からPayeが復帰したDEは万全でないHOUのOLからで すらサックを奪うことができず、 6週終了時点でのプレッシャーレート (QBハリー+ ノックダウン+サック/パス回数)はリーグ最下位とのこと。
QBが余裕を持って投げられるということは、 被パスヤードもリーグでは下から数えた方が早い位置にいるのは当 然の結果であろう。
何度も申し上げている通りチームの構成上、 まず手を打つべきはラッシュからである。
ドラフト2巡のDayoがとうとう練習に参加したとのことで復帰 は近そう。
これでも結果が悪ければ・・・

カバーに関してはIsaiah Rodgersが頭角を表してきており、Ya- Sinが健康ならば両CBは安定しそうな兆し。
Rhodesは立場が危うくなっているか。
ランパスに存在感を見せていたFS Blackmonが今週の練習中にアキレス腱を断裂しシーズン終 了の報。
Hookerがいれば、というのは悪い冗談。
幸か不幸かコルツは春キャンプからSを多数お試ししておりストリ ートから拾える選択肢は多そうだが戦力ダウンは否めずこの先も頭を悩まされそう。


■Keep Running The Damn Ball
Jonathan Taylor 14回145yds 2TD
アベレージ10.3ydsは圧巻。
83ydsの独走TDランはフランチャイズ最長記録。
この先も数々の記録を打ち立てていくのだろう。
一線を抜けてからの爆発力はリーグ屈指。
OLとのコンビネーションも熟成されてきた感があり、 Qの復帰でさらに成績は伸びるはず。
また昨シーズン比でプレーアクション構成が増えているとのことな ので、 ランの脅威が高まれば相手ディフェンスに的を絞らせないことにつながる。

唯一の疑問は起用法のことで、 全くボールを触らなかったことが数シリーズあったと記憶している 。
これは昨年も同じ。
この試合では数回パスドロップがあったのだが、 パントをマフしたHines同様、 ミスに対する懲罰制度でもあるのだろうか?
消耗を考慮した起用法であれば良いのだが。


■2017年ver. Wentz?
Carson Wentz 11/20 223yds Av12.2yds 2TD RTG127.7
この試合もWentzは躍動。TYの復帰戦に花を添えた。

特に直近3試合のパサーレイティングはリーグNo1と絶好調。
これは完全にトップフォームを取り戻した感がある。

SBに進出した2017年と今シーズンのWEEK6までの成績を 比較すると一目瞭然。

2017年 1584yds (60%) Av7.65yds 13TD 3INT 5FMB RTG99.6
2021年 1565yds (65%) Av8.00yds 9TD 1INT 2FMB RTG102

やはりWentzを完璧に使いこなせるのはReichだったか。

■NEXT
ジミーGが復帰するSFオフェンスに蹂躙されてしまうのか。
SFはランディフェンスに難がありさらにKinlawが欠場との ことでランゲームになれば分がありそう。
当日の雨予報を味方につけ地上戦に持ち込みたい。

WEEK5 BAL戦結果

結果 IND 25-31 BAL

負けに不思議な負け無し。

欲しいところでTDを取り逃がしたオフェンス。

ソフトなカバーでLJの確変をブーストさせてしまったディフェンス。

シビアなシチュエーションでブロックを許した他、キックを外してしまったスペシャルチーム。

そして各ユニットを統率するコーチ陣。

全てにおいて、何かしら足らない要素があったということ。

 

今回は1点だけ。

 

■Flus続投の是非

この試合で叩かれまくっているDC Eberflus。

3QまではLeonardがゲームボール級の活躍を見せるなどBALオフェンスを抑え込んだが、4Qに入りキャッチアップでパスを多投され始めた途端にパスDが崩壊。

OTに入っても猛攻に耐え切れず逆転負けを喫した敗因としてその手腕を問われている。

DBに負傷者が相次いだ不運もあったが、それにしても簡単にパスを通され過ぎではあった。

特に後半+OTでのLJは29/32 335yds 4TDと確変状態。

彼自身の実力は言うまでもないと思うが、コルツのソフトなパスカバーが成績を底上げしているのは否めないだろう。

どうせやられるのならば、マンカバーに切り替えてブリッツを増やすくらいの振り幅は欲しいところであったがDB大量離脱による人員の都合で出すに出せなかったのか、そもそも引き出しになかったのか・・・

職責を問う声も強いようだが、まあ当座のところはこのまま行くしかないと思う。

やるなら内部昇格だろうが任せられるほどの候補はおらず、他所から引っ張ってくるなどもってのほか。

ロスターはカバー2に最適化されすぎており戦術的な変化にも耐えられないと思われる。

再三申し上げている通り、パスラッシュに活路を見出すしかない。

今週Payeが試合に出場することに加えて、Dayoも復帰が近いとの報があり今年のドラフト1、2コンビが存在感を見せることに期待している。

 

■NEXT

HOU戦に合わせたようにTYが復活。

ヒューストンキラーとも言える過去の活躍から期待は高まる。

先週、キャリア最高のレイティングを記録したWentzが好調を維持できれば、ディフェンスがこの状態でも勝利を掴むことができるか。